インプラント

インプラント治療ってどんなもの?

イラスト:図解

インプラント治療とは、歯が失われた部分のあごの骨にインプラント(人工歯根)を埋め込み、その上に人工歯を被せる治療法です。あごの骨とインプラントをしっかり固定させるので、本来の自分の歯と同じように咀嚼することができ、発音も自然です。また、人工歯は色や質感が極めて天然歯に近いため、見た目も自然なのが特徴です。こうしたことから、インプラントは「第2の永久歯」とも呼ばれています。

インプラント治療の流れ

インプラント治療の流れ

1.カウンセリング

最初に症状を確認し、その症状によるお悩みなどをお聞きいたします。また、インプラント治療の概要やメリット・デメリットを説明します。

2.精密検査

レントゲン(CT)などによる詳細な診断を行った後、綿密な治療計画を立てて治療を開始します。

3.インプラント埋入

局部麻酔を行い、あごの骨にチタン製のインプラント(人工歯根)を埋入します。

4.治癒期間

インプラントとあごの骨が結合し、安定するまで待ちます(3~6ヶ月ほど)。

5.上部構造の装着

インプラントとあごの骨が完全に結合したら、歯の支えを連結して人工の歯を装着します。ここでまででインプラントを装着する治療は完了です。

6.定期検診・メンテナンス

インプラント装着後は、インプラントを長持ちさせるために定期的な検診やホームケアなどを行っていきます。

インプラントに関するQ&A

Q1.インプラント治療には、どのくらいの期間が必要ですか?

A1.インプラントの全診療過程が終了するまでは4ヶ月~1年くらいが目安になります。

Q2.インプラントは金属アレルギーでもできますか?

A2.インプラントに使用する金属であるチタンは、生体親和性が非常に高いので金属アレルギーの方でも心配は少ないといわれています。

Q3.インプラントの手術は痛くないのでしょうか?

A3.手術は麻酔をかけて行いますので、手術中の痛みはありません。手術後の痛みに関しては、親知らずを抜いた時と同じ程度のものだとお考え下さい。

Q4.インプラントが壊れてしまうことはありませんか?

A4.インプラントは基本的にチタンでできているため、普通に使用していて破損することはほとんどありません。ただし、歯周病と同様に土台であるあごの骨が減ってしまうと、インプラントを支えきれなくなって抜けてしまいます。

Q5.インプラントによって、どのくらい噛めるようになるのでしょうか?

A5.一般的に、天然歯の状態の80%近くまで噛む力が回復すると言われています。(義歯20~30)それを維持するためには定期的なメンテナンスが必要です。

他の治療法との比較

名称 インプラント ブリッジ 入れ歯
写真 硬質レジン ハイブリッドセラミックス(各種) ポーセレン・メタルボンド
費用 自費 ※1 保険(自費) ※1 保険(自費) ※1
審美 ☆☆☆ ☆☆
機能性 ☆☆☆ ☆☆

※1 保険と自費の違いについてはコチラ

ふくなが歯科医院情報

  • 院長:福永 秀樹
  • 住所:大田区西馬込2-2-5
        フラワーハイムI 3F
  • 最寄駅:都営浅草線西馬込駅 
  • 連絡先:03-5746-4182
  • 休診日:木曜・日曜・祝日
  • アクセス方法はこちら
 
午前
10:00~13:00
診療日 診療日 診療日 診療日 診療日 10:00

14:00
診療日
午後
15:00~20:00
診療日 診療日 診療日 診療日 診療日 診療日 診療日

※小児歯科診療日:金曜日

TEL:03-5746-4182