一般歯科

虫歯の進行段階とその治療法

虫歯とは細菌が産生する酸によって歯が溶かされてしまう病気です。虫歯は怪我などとは違って自然に治ることがなく、放っておくと進行してしまいます。

そこで、まずはお口の中の衛生管理をしっかりと行い、これ以上、虫歯や歯周病が進まない環境を整えることをお勧めします。必要な範囲で最小限の治療を行いましょう。

C0 脱灰

歯の表面が白くにごっていますが、自覚症状はなく痛みもありません。この段階の虫歯は適切なブラッシングと予防処置により、再石灰化して治ります。

C1 歯の表面(エナメル質)の虫歯

歯の表面をおおっているエナメル質が溶けている状態です。痛みはありませんが、放っておくと虫歯が進行する状態です。この段階の虫歯はエナメル質を削り、CR(コンポジットレジン)というプラスチックを詰めて治します。

C2 歯の中の(象牙質)虫歯

歯の中の象牙質まで溶けている状態です。冷たいものを食べたり、飲んだりしたときに、しみたり、痛んだりする段階です。この段階の虫歯は虫歯の部分を削り、CR・詰め物(インレー)で保護します。

C1 歯の表面(エナメル質)の虫歯

審美歯科治療はこちらへ

C3 神経まで進行した虫歯

C3 神経まで進行した虫歯虫歯が象牙質のすべてに及び、歯髄(神経)まで達した状態です。この段階までくると、激しい痛みを感じます。この段階の虫歯は神経をとる治療が必要となる場合があります。被せ物(クラウン)を装着するのが一般的です。

審美歯科治療はこちらへ

C4 歯の根まで進行した虫歯

歯の根っこだけが残ってしまった状態です。場合によっては、抜歯が必要となります。抜歯後の治療法としては入れ歯、ブリッジ、インプラントなどがあります。

インプラント

歯周病

予防歯科

定期的な検診により進行する前の虫歯の維持や歯周病の一因でもある歯石を除去します。特に、歯周病に対しては歯肉の出血、腫れ、口臭などの症状が出る前の段階で治すことが大事です。また、ある程度進行した状態では、それ以上に悪化させないことが必要です。

歯周病について

ブラッシング 歯周病とは、その名前の通り「歯の周りの病気」のことです。症状としては、歯肉の炎症・出血・腫れ・歯槽骨(歯を支えている骨)の破壊などがあります。ブラッシング時の歯ぐきの出血は、この歯周病によるものが大半です。治療せずに放置しておくと歯ぐきが痩せていき、最終的には歯が抜け落ちてしまいます。さらには歯周病病原菌が血液に流れ出し、内臓などに影響が出ることも考えられます。

二大歯科疾患

歯周病は虫歯とともに二大歯科疾患に数えられています。現在では20代の約7割、30代の約8割が歯周病だとも言われており、さらには小中学生の患者も増えているという報告が出ています。

歯周病にかかる原因としてはブラッシングの怠りから喫煙や食生活など実に様々なものがありますが、定期的なPMTCで予防することができます。

保険診療と自由診療の違いとは?

歯科の診療方法は、保険診療と自由診療の2つに分けることができます。「保険を使うと安く、自由診療だと高い」という認識をお持ちの方も多いのではないでしょうか?この2つの違いは費用だけではありません。治療を行うにあたって、保険診療と自由診療の違いを十分に知っておくべきです。ご不明な点は、何なりとご相談ください。

保険診療

保険を使用することで、診療料金の一部を患者様が負担する方法です。基本的にほとんどの歯科治療は保険診療で行えますが、治療法・材料に制約があります。

自由診療

保険の適用外のもので、料金設定は医院が定めた自由料金となります。より高い機能性や審美性を目指して行われ、治療法や材料に制限がないため、見た目はもちろんのこと生体親和性や耐久性などあらゆる面で優れた治療が可能です。以下に挙げる治療は自由診療になります。

  • 虫歯のない方の検査や予防処置(フッ素塗布、PMTCなど)
  • 貴金属(ゴールドなど)やセラミックのクラウン、ブリッジ
  • 金属を多く使用した義歯(金属床義歯)
  • インプラント(人工歯根)治療
  • 審美治療(ホワイトニングなど)
  • 歯列矯正治療(唇顎口蓋裂を除く)

項目別・保険診療と自由診療の違い

  保険診療 自由診療
審美性 △ ○
耐久性 △ ○
耐アレルギー性 △ ○

ふくなが歯科医院情報

  • 院長:福永 秀樹
  • 住所:大田区西馬込2-2-5
        フラワーハイムI 3F
  • 最寄駅:都営浅草線西馬込駅 
  • 連絡先:03-5746-4182
  • 休診日:木曜・日曜・祝日
  • アクセス方法はこちら
 
午前
10:00~13:00
診療日 診療日 診療日 診療日 診療日 10:00

14:00
診療日
午後
15:00~20:00
診療日 診療日 診療日 診療日 診療日 診療日 診療日

※小児歯科診療日:金曜日

TEL:03-5746-4182